canty-top-01-2.jpg

トップ上部-01.jpgトップ上部-02-logo.jpgトップ上部-03.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-05-otoiawase.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-06-updates.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-07-colorconsult.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-08-weaveing.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-09-works.jpgトップ上部-04-bar.jpg

トップ上部-01.jpgトップ上部-10-trip.jpgトップ上部-03.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-11-hatmaking.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-12-indhia.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-13-yoga.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-14-album.jpgトップ上部-04-bar.jpgトップ上部-15-essay.jpgトップ上部-04-bar.jpg

作品集上部.jpg


作品若月由美子右.jpg

リスト(手首)ウォーマー、レッグウォーマー、バッグのセット
同じ布から作った3点セット。よこ糸に縮む糸を入れているので、身につけたときフィットします。

IMG_6229.JPGIMG_6231.JPG

 
 
海風に吹かれているワンピース
リネンとレーヨン中心に織りました。
縮絨したら、糸が勝手に寄ってくれて、すてきな模様を生み出してくれました。  
(整経長6m、500本ぐらい、10羽)

IMG_6245.jpgIMG_6246.jpgIMG_6247.jpg

 
 
引きのスカート
引きのバッグと同じ技法で作ったスカート。引いたたて糸は、馬のたてがみのように、そのまま垂らしました。
バッグと同じたて糸で織ろうとしましたが、5羽(1cm間に5本のたて糸という意味)だとスカートにするには生地が堅いので、4羽に通し直して織りました。
一緒に合わせているTシャツの襟ぐりは、自分に似合う形にするためカットしています。

IMG_6241.jpgIMG_6243.jpgIMG_6244.jpg

 
 
引きのバッグ
「引きの・・・」 というのは、織り終わったあと、上端のたて糸を両端から引いて、幅を縮める技法です。よくスカートに使われる技法です。
バッグの内側の布は、祖母が持っていた、着物の裏に使う布(綿)です。取っ手は、バリ島のアタという籠に使われているものです。
(整経長6mの一部、200本、5羽)

IMG_5872.JPGIMG_5874.JPG
IMG_6232.jpgIMG_6233.jpgIMG_6234.jpg

 
 
パーカーにプラス
パーカーの見返しの部分が白いのが気になって、スカートを作った残りの織り地を見返しに貼り付けてみました。ちょっとしたことですけど、いかがでしょう。

IMG_6222.jpgIMG_6224.jpgIMG_6226.JPG

 
 
トートバッグにプラス
お店のロゴの入ったトートバッグのロゴを隠すように、織り地を貼り付けてみました。
トートバッグだけであった時よりも、織り地だけであった時よりも、お互いに引き立て合ったのではと思うけど、いかがでしょう。

IMG_6163.jpg

 
 
ワンポイント付けたバッグ
街でよく見るあのブランドバッグも、織り地をプラスしてオリジナルなバッグに。
青いバッグのファスナーがシルバーで〈春〉には合わないので、皮でカバーをつけてみました。

IMG_6218.jpgIMG_6221.JPG

 
 
息子が沖縄に修学旅行に行った話を聞きつつ、海の生き物を想像しながら作りました。

IMG_5931.JPGIMG_5934.JPGIMG_6059.JPG

 
 
夏仕様の円織りコサージュ
暑い季節にも着けられるように、薄い素材や透ける素材を使って、涼しげなコサージュを作りました。

IMG_5487.JPGIMG_5479.JPGIMG_5486.JPG
IMG_5930.JPGIMG_5483.JPGIMG_6060.JPG

 
 
円織り(まるおり)は、丸い輪に、自転車の車輪のように放射状に糸を張って、中心からグルグル回りながら織っていきます。途中で織りの余り糸を入れたり、羊毛や裂いた布を入れたりしているうちにお花のようになって、裏側にピンを付けたらコサージュになりました。
Color Me Beautiful の理論で、〈春〉〈夏〉〈秋〉〈冬〉の4つのグループの色分けをして織りました。

〈春〉のコサージュは、
お花畑のように明るくクリアーな色がお似合いの方へ。

IMG_4751.JPGIMG_4780.JPGIMG_5183.JPG
IMG_5186.jpgIMG_5198.JPGIMG_5346.JPG

〈夏〉のコサージュは、
エレガントでソフトなパステルカラーがお似合いの方へ。

IMG_4753.JPGIMG_4757.JPGIMG_4733.JPG

〈秋〉のコサージュは、
シックで深みのあるリッチな色がお似合いの方へ。

IMG_4752.JPGIMG_4768.JPGIMG_4781.JPG
IMG_4845.JPG

〈冬〉のコサージュは、
モノトーンやシャープなビビッドカラーがお似合いの方へ。

IMG_4754.JPGIMG_4847.JPGIMG_4954.JPG
IMG_4956.JPGIMG_4957.JPGIMG_5193.jpg

 
 
 
市販の文字が書いてあるバッグに、
子どもが織ったさをりの布を貼ってみました。
耳(織った布の両端)の不揃いのところが生きたと思います。

IMG_4590.JPGIMG_4593.JPGIMG_4598.jpg

 
 
 
風になびかせて着たいイカベスト

DSC_2065.jpgDSC_2067.jpgDSC_2071.jpg

 
 
布をバームクーヘンの一片のような形に
引いてから縫うスカート(冬編)

DSC_1976.jpgDSC_1980.jpgDSC_1983.jpg

 
 
マーガレット。スカートにもパンツにも。

DSC_2043.jpg742.JPG

 
 
織り上ってみたら、まじめでほがらかな人に似合いそうなマフラー。
夫にあげました。

DSC_1870.jpgDSC_1872.jpg

 
 
サリー風ドレス

DSC_1949.jpgDSC_1951.jpgDSC_1957.jpg

 
 
はぎれで手帳カバー。市販の文庫本カバーを使いました。
ペンもさせて、とっても便利。

DSC_1884.jpgDSC_1885.jpgDSC_1889.jpg

 
 
ミサンガ

DSC_1899.jpgDSC_2284.jpg

 
 
ランチョンマットにしようか迷ったけれど、ベストにしました。

DSC_2000.jpgDSC_2003.jpgDSC_2005.jpg

 
 
ポコポコマフラー

DSC_1853.jpgDSC_1857.jpgDSC_1937.jpg

 
 
これを着ていると、よく
「おもしろいコートだね!」と声をかけられます。

IMG_2753.JPGDSC_1917.jpgIMG_1746-加工.jpg

 
 
「インドのお祭り」 43cmX32cm
夜通し、妖しい音楽とランタンの明かりの揺れる中、
人々が踊っていました。

DSC_2211.jpg

 
 
「そら・・・」 124cmX25cm
ときどきまるいものが織りたくなります。 

DSC_2214.jpgDSC_2215.jpgDSC_2216.jpg

 
 
布をバームクーヘンの一片のような形に
引いてから縫うスカート(夏編)

DSC_1962.jpgDSC_1967.jpg

 
 
太い金糸をワイヤーのように扱って織りました。
エキゾチックな方に似合うと思います。

DSC_2096.jpgDSC_2100.jpg744.JPG

 
 
布を1回ひねってボタンで留めた肩かけ

DSC_2083.jpgDSC_2022.jpgDSC_2017.jpg

 
 
森の小道で広げてみました。

DSC_2201.jpg

 
 
短い糸ツンツンマフラー。ミニだけどあったかい。

DSC_1984.jpgDSC_1860.jpgDSC_1866.jpg

 
 
太いモヘアのロングベスト

DSC_2085.jpgDSC_2087.jpgDSC_2091.jpg

 
 
織り布を床に広げてみると、
スタジオの中にスキップしたくなるような道ができました。

DSC_2170.jpgDSC_2171.jpgDSC_2176.jpg

 
 
Tシャツのすそを細く切って、よこ糸として織り込みました。

DSC_2027.jpgDSC_2029.jpgDSC_2033.jpg

 
 
王様のガウン。着ると威厳が漂います。

DSC_1925.jpg011.jpg1210.jpg

 
 
夏用に、細めのアクセント

DSC_1909.jpgDSC_1901.jpg

 
 
くし筬に初挑戦

DSC_2051.jpgDSC_2053.jpgDSC_2057.jpg

 
 
「くじらの頭」の帯

DSC_1994.jpgDSC_2225.jpg

 
 
「わびさび」帯

DSC_1998.jpgDSC_2231.jpg

 
 
「喜び」の帯。子どもの卒業式、入学式にしめました。

DSC_1996.jpgDSC_2236.jpg

 
 
もじりの技法ですきまを開けたマフラー

DSC_2110.jpgDSC_2112.jpgDSC_2114.jpg

 
 
「インドの大地」 135cmX106cm
走っても走っても続く地平線、綿畑、野菜畑、
女の人のあざやかなサリー・・・
そうしたものを織りで表してみました。

DSC_2154.jpgDSC_2157.jpgDSC_2158.jpg

 

green, more green, much more green!

DSC_1931.jpgDSC_1941.jpgDSC_1945.jpg

作品若月由美子.jpg

作品若月薫.jpg

作品お客さま.jpg

作品クリックすると.jpg